怒りの本質とは「私を納得させてー!」だった

ココロのノウハウ
この記事は約5分で読めます。

怒りは、表出できるできないの差はあっても、だれでも抱えています。怒りは攻撃的で、他人だけじゃなく自分に対しても、傷をつけてしまいます。

とても厄介ですね…。

私自身も自分の感情の中で怒りが最も嫌いです。

身体への影響も強く感じるので、身体自体が怒りを拒否していることが分かる気がします。もっと言えば、細胞単位で拒否している感じです…。

その拒否反応がストレスです。

ポポロンさん
ポポロンさん

そういえば、腹が立った時、めちゃ食べます。それもストレス症状ですよねー。

そうです!腹が立ったときの強いストレスを解消しようとして、分かりやすい欲求を満たそうとしています。

エネルギーが強くて破壊的なので、解消するのも一苦労です。

そんなやっかいな怒りですが、もともと強く感じない人や、上手にコントロール出来る人がいます。羨ましいです。

怒りを感じなくなるというのは、ちょっと難しそうですが、怒りを感じたときの対処方法はありますので、この記事でお伝えいたします。

スポンサーリンク

怒りの本質って何?

怒りの本質は、脳内科医の加藤俊徳氏(MRI脳画像診断により1万人以上を診断/治療)いわく、「脳が理解できないサイン」ということ。

脳の学校代表・加藤俊徳プロフィール | 「脳の学校」 加藤俊徳のキャリアや学術研究をご紹介
脳ドックでは受けられないMRI脳画像診断を通じて、脳の健康状態だけでなく、自分の長所や潜在能力を知ることが出来ます。発達障害でお悩みの方も「脳の学校」にご相談ください。脳をMRIで適切に把握し、最適な方法で脳を成長させることが大切です。
https://www.amazon.co.jp/%25E5%258A%25A0%25E8%2597%25A4%25E4%25BF%258A%25E5%25BE%25B3/e/B004LUSGQA?ref=sr_ntt_srch_lnk_fkmr1_2&qid=1568788291&sr=8-2-fkmr1
ポポロンさん
ポポロンさん

たしかに、怒ってる時って「訳がわからない!」って思う!

そうですねー。「よく解らないよー、パニクってるよー」ということだそうです。逆に言えば、「ちゃんと理解したい、もっと知りたい」ということ。

ポポロンさん
ポポロンさん

たしかに。どちらかと言えば、「私にわかるように納得させてー!」って感じかも。「私の常識に合わせてー」って。

そうですねー。今ある情報に対して、「自分に理解できる範囲外だよー」という反応が感情として表出しているようです。

でも、あくまでもサインなので、「私は○○に対して怒っている!」ではなく「私の脳が怒りというタイプの反応をしている」という解釈が適切だ、と言われています。

ポポロンさん
ポポロンさん

怒ってるときの頭は、なんか凝り固まってる気がします…

そうですねー。怒ってる時の脳の状態は、とても非効率。上手に回転しているとは言えない状態なのです。理解できないことが起こって、止まっているんですね。

そこで、するするっと脳が潤滑に回転していれば、怒りの状態にはなりません。

ポポロンさん
ポポロンさん

怒りの状態にならないの?

そうなんです。回転していれば理性的に考えられます。止まっている状態って、ある種「執着」でもあるんです。

ポポロンさん
ポポロンさん

執着…? 何に?

自分の意見や価値観、信じていること…。

ポポロンさん
ポポロンさん

そうかー、たしかに「私が正しい」って思ってるし、状況を理解してると思ってる! でも、たしかに自分の理屈以外は見えなくなってるかも…。

そうですねー。自分では正しいと思ってますよねー。でも、正しい正しくないはどうであれ、脳は非効率。自分の価値観に執着して固まっている…。確かに実感できますよね。

その時の脳の状態は、血流が過剰に上がってきて酸素を供給しすぎている、とのことらしいです。それは脳に頑張れ!ってことみたいなんですが、そのせいで、脳がパニック、適切な動きができず、客観性が無くなるようです。

ポポロンさん
ポポロンさん

脳的には「ちょっと待って!酸素多いよ!多いぃ!」って感じなんですね

そうですねー。脳も大変そうです。

怒ってる時やってはいけないことって何?

ポポロンさん
ポポロンさん

知りたい!

そうですねー。とにかく重要なのは「判断しないこと」こと。

ポポロンさん
ポポロンさん

判断しないこと!?

先程もお伝えしましたが、怒りは脳が非効率で判断できない状態です。どれだけ自分が正しいと思っていても、適切な判断ができていない状態ということです。

そして、その状態になると、1時間程度はもとに戻らないとのことです。2014年のベルギーでの調査では2時間という結果も出ています。

ポポロンさん
ポポロンさん

なるほど!たしかに、判断しないって良いかも。怒ってる時は勝手にめちゃくちゃ判断してるし、判断したがってる感じがするから!

そうですねー。私も確かに1時間位くらいは怒りをこじらせることが多いので、判断せずに1時間、もっと待てるなら2時間は置いたほうが良さそうです。

ただ、自分が正しいって怒ってることが多い気がするので、「判断せずに」いられるかどうかが重要です。

ポポロンさん
ポポロンさん

怒ってる時って脳の効率が悪いんでしょ?だったら、「判断せず」ってどうやればできるかなー…

とにかく1時間くらい待つことが重要そうですね。アンガーマネジメントでは6秒ルールってあって、怒りを感じた時のピークが6秒だから、怒りを感じた時は、6秒数えてやり過ごしなさい、と言われてます。

ポポロンさん
ポポロンさん

そうかー、じゃ、怒った瞬間は6秒数えて、その後、頑なに「1時間は判断はしない!」と言い聞かせるのが良いかも…。

そうですねー。頭が勝手に判断したら、それは一度受け入れてあげて、保留にしておく。

時間が経てばある程度は冷静になるので、それから熟考して再度判断し、そのうえでどう対処するかを考えたほうが、自分にとって有利です。

なので、怒った瞬間は、こう言い聞かせることが良さそうです

「1時間後に冷静に判断して、取るべき行動を考える! それが、一番上手くいく!」「どんなに自分が正しくても、今の状態では動けば不利になる!」

怒りの状態で対処すれば、どんな形で納まっても、あとでいろいろと後悔します。なので、怒りが心頭してる時は、行動しない! が鉄則です。いろんな意味で自分が不利になる可能性が高いのです。

怒った時、その場から離れられるときは、とりあえず離れましょう(外に出る)。一度落ち着くまで待ってから、戻りましょう。

ポポロンさん
ポポロンさん

離れられる時は、離れてるよー!離れられないときが大変なんだよー。

たしかに。そんなときは、「1時間は待つ!そうすれば、今見えてないことが見える!」「それから必要があれば、行動する!」って言い聞かせる感じですねー。

とにかく、怒りにまかせて行動したら不利なる、としっかり認識しておきましょう。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました