私も幸せな毎日を送りたい…つまらない人生をワクワクに変える手順

ココロのノウハウ
この記事は約8分で読めます。

人は幸せになるために生まれてきました。

どんな人にとっても、これだけは間違いありません。

これまでの人生も、これからの人生も、あなたが幸せになるためにあるのです。

楽しかったことはもちろん、苦しかったことや悲しかったことでさえも、あなたが幸せになるためにあるのです。

今、あなたが幸せではないなら、幸せを感じる生活へと変えていきましょう。

幸せになるためには、ちょっとしたメソッドが必要です。

この記事では、長期に渡ってうつ病だった私自身が、毎日を楽しめるようになったスキルをご紹介します。

幸せになりましょう! あなたは幸せになるために生まれてきたのですから。

スポンサーリンク

幸せになるための“基礎”

この記事でご紹介する主な内容は、幸せになるための基礎です。

それだけでも十分に幸せを感じますが、更に毎日を充実させ、幸せを持続させるには、基礎の次に進む必要があります。

基礎の次への進み方は記事の最後の方で簡単にご紹介しますが、今後、個別の記事としてもご紹介していきます。

では、まずはしっかりと基礎を行っていきましょう。大きな変化の始まりです!

今回お伝えする内容は以下の通りです。

  • 人は幸せになるために生まれてきたと認識する
  • 幸せになることを自分に許す
  • 苦しみの原因は、他人の目・他人の価値観・常識
  • 自分の好きなこと・楽しいことを、めいっぱい楽しむ
  • どうしても苦しいことは思い切って手放す
  • 更に幸せになる、そして継続させるには

以上の内容を2つの記事に分けてお伝えします。

すべて大切な内容ですが、特に2つ目の「幸せになることを自分に許す」がとても重要です。

これができれば、それだけでかなり改善します。

それでは、順番にお伝えしていきますね。

人は幸せになるために生まれてきた、と認識する

人は幸せになるために生まれてきました。

なぜ、そう言えるのでしょうか。

それは、幸せを感じることが、精神の健康や体の健康に密接に結びついていると、最近の研究やリサーチで次々に証明されているからです。

《幸せの効果に対する研究結果》

・免疫系の向上
 →健康になる(ときには病気が回復する)
 →長生きする
・自律神経の調整
・ストレス耐性の強化
・人間関係の向上
・仕事などでの生産性の向上
・学力向上
・よりクリエイティブになる
・エネルギーの上昇
など

簡単にまとめてみると、心が幸せを感じたときに、身体の生命力が上がり、精神は落ち着き、能力が向上する、ということです。生きていくうえでの本質的なことばかりです。

このように、幸せを感じることがどれほど生きる本質に影響があるか(大切か)を考えれば、「人は幸せになるために生まれてきた」と言える理由がお分かりいただけると思います。

更に、近年世界中から見直され注目されている仏教でも、「人は幸せになるために生まれてきた」と教えていますし、哲学者であるアリストテレスは『幸福は人生の意味および目標、人間存在の究極の目的であり狙いである。』とも言っています。

医学・心理学・宗教・哲学、さらに言えば、ここに紹介していないスピリチュアルでさえ、全て同じ結論なのです。

心も身体も合わせて、人間の仕組み自体がそうなっているんですね。

人間に生まれたという時点で、人は幸せになることが「義務」でさえあるということです。

『人生の義務はただひとつしかない。それは幸福になることだ』ヘルマン・メッセ

幸せになることを自分に許す

前章で“人は幸せになるために生まれてきた”という根拠を説明したのには、理由があります。

それは、“あなた”も幸せになるために生まれてきた、ということを知ってほしいからです。

毎日を幸せに感じられない人は、“自己肯定感”が低い傾向があります。

なので、知らないうちに、自分で幸せになることを拒否していることが多いのです。

心のどこかで「私なんて…」って思っていませんか?

自分がどんな人間かなんて関係ないのです。

もしも、幼い頃ころからあなたが誰かに否定され続けていたとしても、関係ありません。

あなたが過去に行った行為から、今だに自分を許せなかったとしても、関係ありません。

自分の醜いところばかりが目についたとしても、関係ありません。

あなたが人間である以上、幸せになるために生まれてきたのです。

もしあなたが、今、心からそう思えなくとも大丈夫です。

まずは、知識として認識してください。そして、この記事で紹介することを少しずつでも実践し続けば、どこかで必ず腑に落ちます。

過去に何があったとしても、今後何があるとしても、自分の幸せを作るのは自分しかいないのです。

私も、長いうつ病ですべてを悲観していた時、「理屈は関係なく、自分は幸せになってもいい」と信じる努力をしました。それで、初めて一歩前へ踏み出せたのです。

もうひとつ大事なことがあります。

それは、常に今を楽しむことです。

将来のことを考えることは大切なことですが、将来のために今を楽しめないとしたら、それは何かが間違っています。

今を楽しまないままその将来を迎えても、また新たな将来の心配を見つけ、常に将来のために今を耐える“苦しみの習慣”になってしまいます。

あなたがすることは、今も将来も楽しむことです。常に今を楽しみながら、更に将来も楽しむ準備をすればいいのです。

苦しみの原因は、他人の目・他人の価値観・常識

あなたが幸せを感じない理由が、人やペット、お金、モノ、地位などの喪失、人間関係のストレスなど、具体的な理由があるなら、それは個別に対応する必要があります。

もしも、あなたが慢性的に幸せを感じることができずに、自分を卑下したり、将来を悲観しているなら、あなたは「他人の目」「他人との比較」「常識」といったものに囚われすぎているのかもしれません。自分自身の本来の価値を放棄しているとも言えます。

人は、心が望む方向に進むと幸福を感じます。

そこからズレるとストレスを感じます。

そのストレスは病気となって、心や身体を蝕むことも多いのです。

では、なぜズレるのでしょうか?

それは、幼い頃から築いてきたあなたの価値観や常識が、あなたの心に基づいていないからです。

あなたの心とは違う方向を向いているとも言えます。

それらの価値観は他人から与えられたもので、根強く頭(脳:マインド)にインプットされています。

その価値観によって、親切心や思いやりに似せた“偽の愛情”を、“本物”と勘違いしていることさえあるのです。

偽物の自己犠牲。心が望んでない犠牲ですね。

更に頭は、理屈さえ通れば、他人や自分への残酷な行為さえも正当化してしまいます。けっこう恐いものなんです。

幸せを感じにくい人は、この不安定な頭に自分をゆだねて生きていることが多いのです。

それに対し、心(ハート)は本物の愛情に基づいています。自分への愛情と他人への愛情です。

幸せは、自分を認めて自分を愛することから生まれてきます

それは心が望む姿だからです。

そして、自分を認めると、気持ちに余裕ができはじめ、他人を思いやることができます。

いつも幸せな人は、頭と心を客観的に比べて、心が望むことを上手に選ぶことができるのです。

こちらの記事↓↓↓では、幸せになるために、視点を変え、自分の心の奥を探るメソッドをお伝えしています。

自分の好きなこと・楽しいことを、めいっぱい楽しむ!

でも、いきなり自分を認め愛しましょうと言われても、簡単にはできませんよね!

なので、小さく自分を認めることから始めてみましょう。

これから、お伝えする内容を行うことで、小さくとも(もちろん大きくとも)自分を認めることができるようになっていきます。

Sposored Links

幸せを感じる3つのこと

数々の研究やリサーチなどから、幸せを感じやすいと言われている行動や習慣があります。

その中から中心となる3つを取り上げます。

幸せを感じる3つのこと

① 日常での「楽しい」「ワクワク」
② 人のためになること
③ 手放すこと

この3つ、感覚的にしっくり来るように思いませんか?

①の「楽しい」「ワクワク」は、間違いなく心から発せられる感覚ですよね。そして②の「人のためになる」は、素直に心が喜びます。

この2つ、なんとなく、子供の頃を思い浮かべませんか?

振り返ってみると、私達はこれらが本当の幸せだったということを、ずっと心の隅に追いやっていた気がします。

そして、最後に③「手放すこと」。苦しむ原因を手放す…。この中では唯一大人的な感覚がしますね…。

“幸せ”が「ステータス」や「お金」だと苦しんでしまう

一方、さまざまなリサーチから、「不幸」に繋がりやすいと言われているものがあります。

それは、地位や名誉などの“ステータス”や“お金”などです。

そんなの分かってるよー!と言われそうですが、そうでも無いんです!

だって、今だにビジネス書って結構「デキる人間になるには」「稼ぐにはこうやれ!」的なものですよねー。

私自身がうつ病になったのは、このステータスが原因でした。

たしかにこれらは、一時的に大きな幸福感をもたらすことがあります。

しかし、これらは、さらなる欲求が増え続けたり、失ってしまう恐怖に囚われやすいのも事実なのです。

一見素晴らしく感じる”優勝”や“金メダル”などもステータスの一部です。

”優勝”や“金メダル”って、夢としてはとても素敵に思えますよね。

でも、オリンピックの金メダルを取った途端、人生を見失い、命を絶ってしまった悲しい出来事が、この日本でありました。

金メダルを取る。でも、取った先のビジョンが無い場合、そこから苦しむのです。

これらの喜びが続くのは、数時間から数日間と言われています。その先は喪失感です。

幸せを手に入れるために、ステータスやお金などが必要なケースがあると思います。

ただしその先に、本当に心が喜ぶ目的があって初めて成り立ちます。ステータスやお金は、あくまで手段や通過点でしかないのです。

それでは、実践編へ↓↓↓

私も幸せな毎日を送りたい…つまらない人生をワクワクにする3つの方法:実践編
今、あなたが幸せではないなら、幸せを感じる生活へと変えていきましょう。幸せになるためには、ちょっとしたスキルが必要です。この記事では、長期に渡ってうつ病だった私自身が、毎日を楽しめるようになったスキルをご紹介します。

コメント

  1. […] […]

  2. […] この記事でご紹介するのは概要になりますが、詳細はこちらの記事にまとめてありますので、御覧ください↓↓↓。 […]

  3. […] ※こちらは日常をしっかり楽しんで幸せになる方法をご紹介しています↓↓↓ […]

  4. […] ※こちらの記事↓↓↓では、自分の「楽しい・ワクワク」を基にして、幸せな人生を作り上げていくメソッドをお伝えしています […]

  5. […] ※こちらの記事↓↓↓は、ワクワクすることで人生を幸せにする方法をご紹介しています。 […]

  6. […] ※こちらの記事は人生の楽しみ方についてご紹介しています。よろしかったら、読んでみてくださいね。 […]

  7. […] ※こちらの記事↓↓↓に自分の好きなことや楽しいことなど生活に活きてメソッドをご紹介しています。 […]

タイトルとURLをコピーしました