心を落ち着かせる言葉。緊張やプレッシャーを克服する言葉・名言10選

ココロの名言
この記事は約6分で読めます。

受験、試合、発表(プレゼン)など、ここ一番というときは、緊張しますね。このような時は、自分の実力を出しきるためにも、落ち着く必要があります。

言葉には大きな力があります。ぜひ、あなたに合う言葉を見つけて、心を落ち着かせて挑んでください。

スポンサーリンク

心を落ち着かせる言葉。緊張やプレッシャーを克服する言葉・名言

緊張時に落ち着く方法は2つ。1つは、努力に対し自信を持つこと。もう1つは、失敗してもなんとかなると受け入れる(知る)ことです。

それらに合わせて、心を落ち着かせる言葉・名言を選びました。

あなたは十分にやってきました。なので、絶対にできます!

あなたが今乗り越える課題(受験・試合・発表など)で、成功している自分を想像してください。

例えば受験なら、まず、朝起きて、適度な緊張感で準備をして、会場に着き、席に座り、落ち着いて集中して試験をしている自分を、詳細に何度も想像してください。

想像しているうちに緊張感が解けてきたら、「やるだけやった、絶対できる!」と何度も言い聞かせてください。

今まであなたがやってきた努力は本物です。

努力をし、経験を重ねることで、成功の数や質に良い変化が生じてきます。だから、今回の努力自体が、充分に人生に役立つのです。

そして、自分の努力を信じてあげましょう。じゃないと、努力してきた自分がかわいそうですね。

そして、その努力に自信をもちましょう。それが成功の秘訣です。

「悩み」は停滞、「考える」は前進。

大丈夫かな…、どうしよう…、などと悩んでいるより、何をすれば乗り越えられるか、を考えた方が効率的です。時間がもったいないですよね。

勝負の時に“もやもや”したものを持って挑むと、迷いが生じてしまいます。

なので、悩みは捨て、考え、決めてから、スッキリした状態で挑みましょう。もう考えないって決めるのも良いんですよ。

今、あなたが戦っているのは”自分自身”です。それは「緊張」「不安」「諦め」という形で現れています。

それらに対抗して勝つことができるのは、あなたしかいません。

決して簡単な敵ではありませんが、絶対に勝てない相手ではないのです。なぜなら自分自身だからです。

それらに打ち勝ち、勝利したところを何度も何度もイメージしてみてください。

心配は悪いことではありません。失敗しやすい要素を抜き出し対応しておく、いわゆるリスクマネジメントはには必要です。

とはいえ、リスクマネジメントも適度があります。

ある程度の準備や計画をしたら、あとは、今行うべきことに集中しましょう。

結果に対し自信が無く、緊張するのは誰でも同じです。

成功した人々というのは、いつも常に成功しているわけではありません。さまざまな状況になっても、諦めずに前に進み続けることで、大きな成功を手に入れているのです。

であれば、失敗を恐れず、まずは目の前のことに全力で取り組む。

「やるだけやって、結果がどうなっても次に進み続けよう」と心に決めることで、過度な緊張が溶け、集中しやすくなります。

本当の成功というものは、目先の結果ではなく、最終的になりたい自分になっているかどうかです。そして、本当の成功は、成長の先にあるものです。失敗の経験があることで、人は学び成長します。

達成するためにやるだけのことする。それが、大切です。そこから努力の仕方を学べます。

最終的な結果は、学んできた量と質によります。なので、たくさんの成功や失敗を経験し学んでいきましょう。

なので、今は、できることを一生懸命に行うことに集中しましょう。そうすれば、いずれにせよ、良い学びを得ることができます。

絶対に○○せねばならない!ということはありません。最終的な目的を達成するためには、今の目先の挑戦以外にも、たくさん道はあるはずです。

上手く行かなければ、今回の学びを持って、再度挑戦するか、別の手段を考えればいいのです。

経験は実験とも言えます。実験がすべて成功ということはありえません。実験は失敗から成功を導くためのものだからです。アインシュタインでさえ、1万回失敗したと言っているんです。

なので、今の挑戦にも臆病にならずに、やれるだけのことをやってみてください。

緊張していることに焦ったり、緊張している自分を責めたりしてはいけません。なぜなら、緊張していることに対し、更に緊張してしまいます。

誰でも緊張します。当たり前なのです。緊張自体は悪いことではありません。ほどよい緊張感は、効果を出しやすいとも言われるほどです。

緊張をしながら、結果を出せる人達もたくさんいます。

なので、「緊張しても良い。これが普通」と自分を許し、目の前の課題に集中しましょう。

過度な緊張は、視野を狭め、筋肉を収縮させてしまいます。逆に、リラックスをし、集中することで能力をフル回転させられます。

普段のあなたが集中している時が、もっとも良い結果を出せる状態ということです。

なので、肩に力を入れすぎずに、適度に抜きましょう。そして、集中しやすくするために、音楽やイメージ(瞑想)、そして言葉などを利用しても良いでしょう。

スポーツ選手などが集中力を高めるのに、なんらかのゼスチャーを行うことがあります。みなさんも、普段から集中力を高めるゼスチャーを取り入れておくと、いざという時に使えるかもしれません。

Sposored Links

心を落ち着かせる言葉。緊張やプレッシャーを克服する言葉・名言10選【まとめ】

言葉を更に心に響かせるには、書くことをオススメします。

書くことで、言葉を噛み締められるからです。書いたものをどこかに飾るのも良いですね。

自分にとって大切な言葉を心に留めておきたいものです。

では、「心を落ち着かせる言葉。緊張やプレッシャーを克服する言葉・名言10選」のおさらいです。

言葉・名言おさらい
  1. やるだけやってきた。絶対できる
  2. 自分が今までやって来たことを信じてあげないと。(田中将大)
  3. 考えてもいいけど悩むな」そういう負の空気とか見えないものを自分の体にまとってしまうと、勝ち星に恵まれないんですね。(舞の海)
  4. 真の競争相手は誰でもなく自分自身。自分という名の競争相手と戦って、勝利を勝ち取るのは、この私である。
  5. どんなに心配したところで、必ず上手くいくとは限らない。あとはなるようにしかならない。
  6. 成功した人々というのは、自分に対する不安に関わらず、進み続ける方法を、どうにか見つけている。(ジェイソン・ジムダーズ)
  7. 成功は約束されていないが、成長は約束されている。(田坂広志)
  8. 行動に際して、あまり臆病になったり、神経質になることがないように。すべての人生が実験なのだ。実験すればするほどうまくいく。(ラルフ・ワルド・エマーソン)
  9. 緊張するのも自分。それで良いし、なんとかなる。
  10. 頑張りすぎず、いつもの自分通り。

あなたの心が落ち着く言葉・名言が見つかれば幸いです。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました