【7つの名言】つまらない人生、生きる意味を感じられないときの名言

ココロの名言
この記事は約6分で読めます。

目標なんてもちろんないし、描ける未来もない。何をしても楽しいと感じないし、やりがいも感じない。持っていないものばかりが目立ち、自分の価値なんて考えられない。

人生がつまらない…。

それはまるで、ポジティブな感情が麻痺してしまったかのよう…。気づかないうちに、たくさんのストレスを積み重ねてきたのかもしれません。

人生がつまらなく感じた、そんなときのために、名言をご用意しました。

スポンサーリンク

名言に学ぶ:つまらない人生、生きる意味を感じられないときの7つの名言

言葉には大きな力があります。あなたに届く名言が見つかりますように。

どんなに恵まれた環境でも、不幸な環境でも、結局私たちはみんな、「生きていく」というベタなことをしています。

だったら、まずはこれだけでも良しです。なんとかやっている。今は、楽しいも嬉しいも感じにくくて、心はもがいているけど、なんとかベタなことはやれている。

神様から見たら、そんなアナタは、いじらしく、愛おしいのではないでしょうか。

もし、普通に生きて暮らしているなら、そこには、寂しさや苦しさの他にも、たくさんの喜びが溢れているのです。

でも、その喜びは、自分でしっかり探し続けないと、気づかないし、味わえません。ましてや、喜びが感じにくい今の状態では、なおさらむずかしい。

まずは、時間をかけて、小さな喜びを探すことから始めませんか。

たくさんの小さな喜びを見つけていく中で、自分にとって本当に大切なものとは何かを考えます。答えが見つかるまで、考え続けるのです。

見つかったら、それを思い、大切にして、愛し続けます。そこに「幸せ」があります。

つまらないと思っているときは、他人と自分を比較していることが多いのです。

自分的「幸せの基準」を持ち出し、他人は幸せで、自分は不幸、と判断するのです。

幸せとは、気持ちで感じるものなのに、頭で決めつけて抑え込みます。それが始まりです。それを続けると、いつのまにか喜びの気持ちが麻痺し、なにも感じなくなります。これが現状かもしれません。

現状は、望むだけ続けられます。死ぬまでできます。不満は限りなく持てるのです。

楽しいや嬉しいが感じなくなったのは、過去の環境のせいかもしれません。そういう経験をしたのかもしれないし、そういう考え方を教えられたのかもしれません。

でも、今は自分で選べます。他人なんて関係ありません。自分が選べばいいのです。

選んだからと言って、すぐには変われません。脳がそのようなクセをもってしまっているからです。だから、時間がかかります。

でも、時間をかければ、喜びの人生になります。ただし、努力が必要なのです。努力し続けなくてはいけません。

平凡な人生に、喜びを感じている人なんているのでしょうか? まちがいなくいます。とても多い。

では、平凡じゃない人生に、喜びを感じている人なんているのでしょうか? まちがいなくいますが、多いか少ないかは、分かりません。

では、どちらの人生にも、不満で苦しい人はいるのでしょうか? まちがいなくいます。どちらにも、不幸な人も、幸せな人もいます。

それぞれ、同じような人生なのに、どうして幸せなのでしょうか? どうして不幸なのでしょうか?

人生がつまらなくなっている人は、その日を楽しむのがむずかしいのです。なぜなら脳自体が、長い年月をかけ、楽しめない脳になっているからです。

だから、楽しむためには、努力が必要。

それに気がつけば、「つまらない」ということに、落ち込む必要はなくなります。つまらないのはあたりまえ。だから、楽しむよう努力をし続ければいいのです。

「私には楽しむって、簡単なことじゃないんだよなぁ。だったら、もっと頑張らないと!」と思えれば、あとは楽しむ努力を続けるだけです。

つまらない人生なら、「幸せ」に対する考え方を変える必要があります。

考え方とは「幸せは、待つものではなく、自分で手に入れるもの」そして、「自分の外ではなく、自分の中にあるもの」ということ。そう認識できれば、あなたは飛躍できます。

住む場所でも、仕事でも、趣味でも、なんでも変えられます。あなたには、それだけの力があるのです。

今の考え方のまま、何かを変えても、つまらなさはつきまといます。

でも、考え方を変えられたなら、あとは、何をしても幸せにたどり着きます。

【7つの名言】つまらない人生、生きる意味を感じられないときの名言【まとめ】

つまらないというのは、ポジティブを感じにくい脳の問題です。

ストレスが(少量でも)長くかかり続けたために、そうなることがあります。

そうなると、楽しむには訓練が必要です。考え方を変えることからはじめ、常に自分の心を観察し続ける。

楽しめるようになるのには、時間がかかるかもしれません。それでも、いずれ楽しめるようになります。

そうなったときには、喜びが倍増していますよ。何をしてもつまらなかった時期があるからこそ、幸せの価値が分かり、倍増するのです。

【ココロの名言】心に染みる名言を厳選して集め、名言とともに心の問題の解決に取り組んでいます↓↓

ぜひこちら↓↓のカテゴリーから他の記事も読んでみてくださいね。

つまらない人生、生きる意味を感じられないときの7つの名言【名言に学ぶ】 おさらい
  1. 私も生まれて死ぬという、人間のいちばんのベタをやらせてもらってます。(浜ロン)
  2. 自分にとって、ほんとうに大事なことってなんだろう。自分にとって、本当に大切な人って誰だろう。このふたつを、本気で思っているだけで、いい人生が送れるような気がする。(糸井重里)
  3. 不満っていうのはね、生き方のスタンスなのよ。問題なんていくらでも見つけられるから、スタンスが変わらない限り不満は消えない。だから不満そのものを解消しようとしても上手く行かないの。「楽しめるものを楽しもう」とするのが一番なの。(精神科医Tomy
  4. 楽天主義も悲観主義も一つの思考習慣によるものです。楽天家の人生が楽しく、悲観主義者の人生が暗いのは当然です。どちらもそれを望んだからです。(ジョセフ・マーフィー)
  5. 千の平凡で一生を貫け。(竹内てるよ)
  6. どんな日であれ、その日をとことん楽しむこと。(オードリー・ヘップバーン)
  7. いつまでも心に刻んでくれ。君は自分が思うより勇敢で、見た目より強く、自分が考える以上に賢いということを。(アラン・アレクサンダー・ミルン)

ぜひこちら↓↓のカテゴリーから他の記事も読んでみてくださいね。

【ココロの名言】心に染みる名言を厳選して集め、名言とともに心の問題の解決に取り組んでいます↓↓

【ココロのノウハウ】様々な心の問題を解説し、対処方法をご紹介しています↓↓

【うつ病の世界】長い間自分が経験したうつ病の不思議な世界をじぶんの言葉でご紹介しています↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました