【7つの名言】断る勇気がほしいときの名言

ココロの名言
この記事は約6分で読めます。

断るというのは、とても勇気が必要です。もちろん、嫌われたくないし、関係をこじらせて傷つきたくもありません。でも、だからといって、これ以上自分を抑えて、相手に合わせるのもつらい。

そろそろ、断れる強さがほしい…。そんなときに、勇気を与えてくれる名言をご用意しました。

でもそのまえに、断るにしても、いきなり頭ごなしにNOを言う必要はありません。そんな勇気は必要ありません。大切なのは、誠意言い方、そして、踏み出す勇気です。

スポンサーリンク

名言から学ぶ:断る勇気がほしいときの7つの名言

言葉には大きな力があります。あなたに届く名言が見つかりますように。

できれば良い人と思われたいし、嫌われたくない。嫌われるって、とても恐い…。だからといって、もう他人に振り回されるは嫌だ…。

私たちにとって、最も大切なのは自分の心です。その自分の心は、「嫌われたくない」と「振り回されたくない」のどちらを訴えているでしょうか。

それは、「振り回されたくない」の方です。良い人と思われたい、とか、嫌われたくない、は頭で考えてしまうこと。

満足した人生を送りたいなら、心を優先しなければいけません。

私たちは、自分の心を満たすために、自分の外に何かを求めます。でも、心は自分の中にあるのです。頭は外に答えを求めますが、心は自分の中に答えを求めます。

心は、あなたがどうであるかを求めます。あなたしだいで心が傷つき、あなたしだいで心が守られます。自分の心の保護者は自分です。誰かが何かを言ってこようと、自分しだいで、心を守れるのです。

自分の心を守るために、どうしたらいいのでしょうか?

自分の中の答えを見つけ、行動しましょう。そのためには、強くなる必要があるのかもしれません。

断わって嫌われるなら、たしかにつらい。断りたくない。

でも、断ることが、自分の心に素直になることなら、断わった相手に嫌われても、あなたに共感してくれる別な人が現れます。

人に流されず、自分が自分であろうとすれば、それを応援してくれる人が現れます。その人が、本当の友達/仲間なのではないでしょうか。

そして、苦労しながらも「自分でいよう」とするあなたを見て、勇気づけられる人が出て来るでしょう。

あらゆる人どころか、周りの人の願いだって、全てを聞くことはできませんよねー。たくさんの矛盾が出てきますし、自分も壊れてしまいます。

もちろん、してあげられることはしてあげればいいのですが、自分が苦しむことまでして、自分が消耗してしまっては、本末転倒です。

あなたの体力は、「本当にしてあげるべきこと」のために、とっておきましょう。それが、あなたの心の望むことです。

断るとき、私たちにできることは、まず、誠意を込めることです。そして、自分にできる範囲で、上手に伝えようとする。実際、上手に言えるかどうかは分かりません。でも、上手に伝えようと努力する。それが大切です。

まずは「ごめんなさい(ありがとう)」、次に理由「○○だから、できないんだ(うその理由でもいいです)」、そして最後に「本当にごめんね(相手が取引先やお客様なら、代替案の提示)」。

最初からうまく言えないのはあたりまえです。だから、まずは誠意を込める、そこからです。

断るのが苦手だからといって、次々に引き受け続けてはいけません。体力・気持ち・能力的にも、いずれ限界がきて、引き受けることができなくなります。

あなたを頼っていた相手は、あなたの限界によって、思わぬ大きな負担がかかります。相手はイライラし、確執が生まれるかもしれません。お互いに大きなマイナスです。

なので、大切なのは「断ることは断る」。これを日ごろから行っておくこと。そうすると、相手も別の手段を考えておくようになります。それは、相手にとっても効率的。

自分が気持ちよく引き受けられることなら、引き受けましょう。それが、お互いのプラスになります。でも、自分が苦しいことを引き受け続けていてはダメです。いずれ、お互いが損をしてしまいます。

断れと言われたからといって、すぐにできるわけではありません。苦手なことなので、練習が必要です。まずは、小さいことから始めましょう。

例えば、断るまでいかなくても、OKをしない、すぐには答えない、下を向く、困った顔をする、悩んでいるそぶりを見せる…。最終的には引き受けるにしても、最初はそんな小さいことで、ちょっとずつ、自分の意思を出していくのです。そして、今なら言える!と思ったときが来たら、ゆっくりと断わってみる。

そのうちに、実は、断るってそんなにむずかしいことではなかった、と気づきます。

【7つの名言】断る勇気がほしいときの名言【まとめ】

断ることは、もともと苦手なこと。本人にとっては恐怖。言われたからできる、というものでもありません。

だから、小さいことから始める、言いやすい自分なりの断り方を見つける、などをしながら、少しずつ慣れていくことが必要です(車の運転のようなものですね。最初は恐いけど慣れます)。

それに、なんでも断ればいいのではありません。協力できることは、協力していけばいいのです。普段から協力してくれる人なら、断られることがあっても、嫌いにはならないものです。

できることはする、できない(どうしてもしたくない)ことはしない。それでいいのです。

【ココロの名言】心に染みる名言を厳選して集め、名言とともに心の問題の解決に取り組んでいます↓↓

ぜひこちら↓↓のカテゴリーから他の記事も読んでみてくださいね。

【7つの名言】断る勇気がほしいときの名言 おさらい
  1. 好きではないこと
    できそうにないこと
    無理すること
    すべて断ればいい
    いきたくない場所に行って
    会いたくない人に会って
    合わない人に合わせて
    自分がつらくなるだけ
    たとえ無理しても
    いつか相手は離れていく
    本当は断れないのではなく
    いい人になりたいだけ
    嫌われたくないだけ
    他人に振り回されていたら
    満足する人生を過ごせない
    もっと自分を大切にしよう(田口久人
  2. 世界がどうあるかではなく、あなたがどうであるか。(アルフレッド・アドラー
  3. 友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹をきめて、自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。(岡本太郎)
  4. 伝え方が9割(佐々木圭一)
  5. わたしたちは、あらゆる場所のあらゆる人のために、あらゆることをすることはできませんが、どこかにいるだれかのために、何かをすることはできます。(リチャード・L・エバンズ)
  6. 気持ちよく断ることは、半ば贈り物をすることである。(フリードリッヒ・ブーテルベーク)
  7. 小さいことから、始めるんだよ。じゃないと、できるわけないじゃん!(プーカー02)

ぜひこちら↓↓のカテゴリーから他の記事も読んでみてくださいね。

【ココロの名言】心に染みる名言を厳選して集め、名言とともに心の問題の解決に取り組んでいます↓↓

【ココロのノウハウ】様々な心の問題を解説し、対処方法をご紹介しています↓↓

【うつ病の世界】長い間自分が経験したうつ病の不思議な世界をじぶんの言葉でご紹介しています↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました