【名言10選】耐え難いほどの孤独を感じるとき

ココロの名言
この記事は約7分で読めます。

ふとしたときに、とても孤独を感じる…。そんなときは、辛くて辛くてどうしようもなくなってしまう…。孤独感は、病気のように私達の心を蝕んでいきます。

孤独な時は、どうしたらいいんだろう。消えたくなるときは、どうしたらいいんだろう…。

そんな私たちのために、送られた言葉がたくさんあります。

スポンサーリンク

【名言10選】耐え難いほどの孤独を感じるとき

言葉には大きな力があります。あなたに届く名言が見つかりますように。

孤独感に襲われたときは、つい、かつて仲の良かった人たちを思い出すことがあります。ずっと関係が続くと思っていましたが、今はいません。ふと気づくと、いつも自分の周りから、人がいなくなっているように感じます…。いつも、自分だけが孤独…。

でも、他の人たちは、そんなに長く良い関係が続いているのでしょうか? いえいえ、実はそんな関係なんて、思うほど長く続かないのです。続く人もいるでしょうが、そんな人たちは少数です。

孤独を避けたいなら、絶え間なく新しい関係を作り続けていかなくてはなりません…。

それは、ちょっと大変ですね…。

仲の良い人がたくさんいるからといって、孤独ではない、とは言えません。逆に、ちょっとした気持ちのすれ違いで、強烈に孤独を感じます。

いつもと変わらない日常、たくさんの人たちと遊んでいる最中でさえ、孤独を感じることもあります。孤独感自体が日常的なのものです。

太陽は毎日沈みます。夕日の美しさに、明日が希望的に感じることもあれば、夕暮れが悲しくて、泣きたくなることもあります。夕日自体が見えない日さえある。その全てが日常。感じ方が変わるのです。

自分には友人もパートナーもいない、家族とも絶縁、だから、孤独だ…。

その孤独感は、とても辛いでしょう。

では、なぜそれが辛く感じるのかというと、「友人やパートナー、愛する家族がいると、きっと楽しくすばらしい、そうじゃない自分は、寂しくて孤独。そして、そんな自分は価値がない」と考えているから。

でも本当は、友人やパートナーや家族がいても、孤独やみじめさは空気のようにどこにでもあるのです(むしろ、いるからこそ苦しみだってあります)。

孤独はある意味、普通の状態です。プラスでもマイナスでもなく、「0」とも言え、「無」とも言えます。

孤独だから辛いのではなく、なぜ、孤独をそんなに辛く感じるのか、それが重要でもあるのです。

「孤独」は言いかえると「依存したいのに、依存する人がいないこと」とも言えそうです。

孤独は、他人が解消してくれません。自分で解消するもの。では、なぜ解消できないのでしょう。それは、人付き合いが苦手、人が怖い、心を開くことが怖い、などが理由では。

自分を理解して欲しいという欲求は、あたりまえのものです。だから、たしかに、理解してくれる誰かに、依存したくなります。でも、依存もかなり辛い。依存はたいてい、苦しみに終わります。

依存には苦しみが伴うために、人は自立します。自立はある意味、孤独を受け入れること。

であれば、肩の力を抜いて、「孤独はいやだけど、一人は悪くないなぁ」って受け入れたいですね。

「孤独を埋めたいなら、たくさんの人と交流してみなさい!」 なんて言われたら、たぶんキツイですよね。自分は人に好かれる性格ではない、と思っているし、どうすれば好かれるのかもわからない。分かっていてもできない。

それでも無理にやろうとすれば、ギクシャクしながら偽った自分を作る…。

だとしたら、今のままが良いのかも。

どうしても、孤独の苦しみから逃れたい人には、たしかに、この方法はオススメかもしれません。

世の中には、孤独で苦しむのとは逆に、他人といる方が苦しい人がたくさんいます。たぶん、孤独で苦しんでいる私たちも、本質的には同じなのでは。

親密さを求めても、得ることができなかった悲しい経験がある。だから、今も親密さに憧れる。でも、実際に親密になれば、人といることに疲れてしまう…。このようなことが、根源にあることも多いのです。

だったら、あえて一念発起して、無理をしてみませんか。荒療法です。なんらかの集まりなどに参加する、たくさん会話してみる、誰かを誘って遊びに行き、その人を楽しませ続ける、職場の人に笑顔で声をかけまくる。誰かの話をたくさん聞いてあげる、などなど。…すっごく疲れそうです。

これらを、もうダメ…というほど、とことんまでやれば、一人が嬉しくなるかもしれません。

でも、もし、無理して人と一緒にいることで、あなたが楽しくなったなら、それはそれでラッキー! 続けていけば、孤独ではなくなるかも。

みんなに喜ばれる人間になる必要があるかどうか、はさておいて、好かれようとせず、自然体でいれば、少数でも、自分を認めてくれる人は出てきます。

でも認めてもらうのが目標なのではなく、孤立してもいいかな、と思えることが目標の方がいいです。その方が、楽になります。

容姿に関係なく、笑顔の多い人は好かれます。いい感じの会話ができなくても、気が利かなくても、笑顔であれば、それだけで人を癒やします。人は、そんな人の側にいたくなるものです。

いつも悲しそうにしている人、不機嫌な顔をしている人、つまらなそうな顔をしている人には、人は寄り付きません。

だとしたら、いつも笑顔でいることが、一人の寂しさを解消する方法かもしれません。

ただ、一人の寂しさを解消できたからといって、孤独感が解消されるかは別です。孤独感は、一人だろうが、複数だろうが、感じるときはいつでも感じます。

言いかえると、「愛情が苦手だから孤独だ」とも言えるかもしれません。

悲しい思いをたくさんしてきたから、包み込むような愛情に憧れます。でも、だからこそ怖くて身を任せることができません。

もし、孤独を真から解消する方法があるとすれば、この包み込むような愛情を、他人へ持つことでしょう。人類愛とか真の愛とか言われるものです。この愛は、愛して欲しいという欲求さえ超越します。

でもこれは、難しさの極み。悟りのレベルです。

とはいえ、実は多少なりとも誰でも持っているものでもあります。

真実だなぁって思います。でも、私たちが実際行うのは難しそう…。

なぜなら、心が満ちていないから。足りないから、人にわけてあげられない。

でも、本当に孤独を解消するのは、この方法しかないのかもしれません。

【名言10選】耐え難いほどの孤独を感じるとき【まとめ】

孤独を感じやすいということは、これまでの人生の中で、孤独を感じやすい環境にいて、その孤独である自分を「価値がない」と思い続けてきたから、ではないでしょうか。でもこれだけは言えます。

決して「一人 = 無価値」ではありません。

孤独を強く感じる心は、しっかりとケアする必要があります。そこにはたくさんの悲しみが埋まっているからです。

その悲しみをケアするには、どんな自分でも「それでいいんだよ」と認めて、受け入れてあげる必要があります。孤独を感じている自分を「それが自分」としっかり認めて、受け入れてあげてください。そのうえで、もう一度。

決して「一人 = 無価値」ではありません。

【名言】孤独を感じて辛い時、心を癒やす言葉10選 おさらい
  1. 人間関係ってずっと続く方がむしろ珍しいのよね。(精神科医Tomy)
  2. 孤独は普通だよ。(ぷーかー02)
  3. 「寂しい」なんてのは「楽しい」を基準にしているから。基準は無ですよ、無。(浜ロン)
  4. 「一人」と「孤独」は違うもの。「一人」=ただの状況 「孤独」=依存する人がいない(パステルつとむ)
  5. まわりに合わせようと無理に曲げた性格で嫌われたら最悪。それならせめてもともとの性格で嫌われようぜ!(浜ロン)
  6. 孤独の苦しみから逃れたいのなら、自分を偽って人と会いまくる! 人と一緒にいる苦しさやうっとうしさを嫌というほど味わえば、一人が嬉しくなる。(パステルつとむ)
  7. 孤独な人ほど愛情が苦手。自分を守ろうとしないで、包み込むような愛情に身をまかせてみては。(美輪明宏)
  8. 友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹をきめて、自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。(岡本太郎)
  9. 君が笑えば、世界は君とともに笑う。君が泣けば、君は一人きりで泣くのだ。(エラ・ウィーラー・ウィルコックス)
  10. 温かさ、親切、そして友情は、世界中の人がもっとも必要としているものだ。それらを与えることのできる人は、決して孤独にはならない。(アン・ランダース)

ぜひこちら↓↓のカテゴリーから他の記事も読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました