【今日の名言】『支配したり服従したりしないで、それでいて、何ものかであり得る人間だけが、本当に幸福であり、偉大なのだ。』ゲーテ

ココロの名言
この記事は約3分で読めます。

本日の名言をお届けします。今回はゲーテの名言です。

スポンサーリンク

『支配したり服従したりしないで、それでいて、何ものかであり得る人間だけが、本当に幸福であり、偉大なのだ。』ゲーテ

2021年には第49回衆議院議員総選挙があり、2022年の7月には第26回参議院議員総選挙があります。

SNSが一般的になった現在では、SNS上でもさまざまな情報が飛び交い、政治家・支持者ともに、自分たちが正義と主張し合い、敵対政党や立候補者の足のひっぱり合いが始まります。メディアの報道は、作為的で偏った情報とイメージを流し続け、SNSではそれに対抗した人たちが立ち上がる。とはいえ、その対抗した人たちも、好みの情報に飛びついては、下調べなどもせず、SNSで広げはじめる…。

政治家も支持者も、たくさん素晴らしい人たちがいますが、情報自体はそんな状態なので、メディアの報道やSNS、それにともなうイメージも、うかつに鵜呑みにせずに、自分なりに精査したいですね。

なんてことを、ちょっとばかし偉そうに書いてみました、すみません……。

というわけで、今回の名言がこちら。

名言の主、ゲーテは「若きウェステルの悩み」や「ファウスト」でも有名な作家でドイツの詩人です。日本では森鴎外により広まり、日本の文学者の中に浸透していきました。

文学や詩のイメージが強いゲーテですが、実は、20代半ばから10年間ほど政治家として活動をしているのです。彼が公務についたのは、ザクセン=ワイマール公国というドイツ中部の一国。のちには宰相(現在の内閣総理大臣のような立場)にまで上りつめます。ただし、その後は芸術熱が再燃し、公職を後にします。

この言葉は政治的な分野だけじゃなく、日常でも言えそうです。支配も服従もどちらも依存です。支配の場合は下の人に、服従の場合は上の人に依存しています。どちらも他人に依存していて、それら他人が自分にどのように接するかで、自分の心情が左右されます。他人によって幸福にも不幸にもなってしまうということです。

とはいえ、良くも悪くも社会的な立場というものがあり、その中で支配や服従(言葉は悪いですが)の立場をとらざるをえないことはあります。それはそれでしかたがありませんよね。でも、支配や服従はただの立場。人としての価値とはなんの関係もありません。支配や服従以外でもそうですね。

周りの意見やイメージに惑わされずに、私が私でいる。この「私が私でいる」ことは、とてもむずかしいことですが(そもそも、何が私なのかさえわからないことも多い)、いつも、「この私は自分にとって心地よい私だろうか」と自分に問いかけることは、忘れずにいたいですね。

※【ココロの名言】心に染みる名言を厳選して集め、名言とともに心の問題の解決に取り組んでいます↓↓

【ココロのノウハウ】様々な心の問題を解説し、対処方法をご紹介しています↓↓

【うつ病の世界】長い間自分が経験したうつ病の不思議な世界をじぶんの言葉でご紹介しています↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました