【7つの名言】別れの悲しみで辛いときに読む名言・言葉

つらい苦しい…
この記事は約5分で読めます。

別れはとてもつらいものです。その喪失感や空虚感は、たえられないものがあります。暗闇に落ち、すべてから切り離され、現実感さえ失います。とても無力に感じます…。

そんなつらい別れを経験したときに読む、名言や言葉をご用意しました。

スポンサーリンク

【7つの名言】別れの悲しみで辛いときに読む名言・言葉

言葉には、大きな力があります。あなたに届く名言が、みつかりますように。


今は、その別れの悲しみを味わう時期なのです。味わい切らないかぎり、いつまでも残ってしまいます。だから、今は、思う存分、クヨクヨしましょう。

その期間は、食事がのどを通らないかもしれません。
お風呂に入ることも、オシャレをすることも、できないかもしれません。
イライラし、誰かにあたってしまうかもしれません。

それでも、今は、しっかり悲しみましょう。その後、心に優しい光が射しこみます


別れのつらさに慣れたいですよね。もう、つらいのは、こりごりです…。それでも、つらい別れは、今後も訪れます。それは、人を愛してしまうからそれが人間だから。

本来、愛は寛大、相手を思いやるもの。だから、別れだって受け入れたい。…でも、やはり、別れはつらいし、慣れません。

でも、つらくても、私たちは、人を愛していくでしょう。それが、私たちの生き方なのですから。


「別れのつらさ」は「愛する素晴らしさ」と共に、人生に必要不可欠なものです。

「愛する深さ」は「別れの悲しみ」を、深くしますが、一方、「別れの悲しみの深さ」が「愛する喜び」を、深くするのです。

私たちは、出会いと別れをくりかえし、さまざまな感情を感じ、人生の深みを知ります。その深みとは生きる素晴らしさであり愛する素晴らしさなのです。


その人と出会い、その人とのふれあいを重ね、そして、その人と別れていく。悲しい別れもあれば、悲しくない別れもある。

たくさん経験をする中で、たくさんの感情を知り、人生が豊かになる。それが「生きる」ということなのですね…。たくさんの「悲しみ」を知り、その「向き合い方」を学ぶ…。

「悲しみ」は「喜び」を大きく育ててくれます。だから、今の悲しみも、必ず、大きな喜びをつれてきます。だから、今は、この悲しみを受け入れましょう。


今いる大切な人たち…。考えたくもないですが、もしかしたら、いずれ、その人たちとも、なんらかの「別れ」が来るのかもしれません。

そう考えると、今、その人たちに会えることが、どれほど嬉しいことか…。顔を見ること、会話できること、ふれることができること、そんな、あたりまえのことが、どれほど大切か…。

その大切さを、心が感じたとき、自然に、涙が出てきますね…。


たくさんの命が、地球(大地)に生まれ、去っていきました。人間だけじゃありません。それはそれは、たくさんの命です。

地球は、彼らとの、あまたの別れをしてきたのですね。気の遠くなるほどの別れです。地球が私たちの母であれば、どれほどの悲しみだったでしょう

私たちは、別れの悲しみを経験するごとに、地球が経験してきた、その壮大な別れ、そして、悲しみに、想いをはせることができます。


人生には、悲しい別れがありますが、嬉しい出会いもあります。神さまに感謝したくなるような、素晴らしい出会いです。

いつかは、その人たちとも、別れるのかもしれません(ずっと続くかもしれません)が、それでも、その出会いの素晴らしさは、人生を、めくるめく、豊かにしてくれます

だから、今の悲しみが落ち着いたら、その出会いのために、準備をしましょう

【7つの名言】別れの悲しみで辛いときに読む名言・言葉【まとめ】

悲しみは、充分に味わう必要があります。そうしないと、悲しみが終わらないのです。必要なだけ、悲しんだら、自然に終わります。だから、悲しみを終わらせるために、今はしっかり悲しみましょう。

泣くことも大切です。涙は、神様がくれた、癒やしの特効薬ですから。人間の心にも、身体にも、とても良い影響があるのです。だから、泣きたければ、思う存分に泣きましょう。むしろ、あえて、泣きましょう。

そうやって、なんとか乗り越えたら、今いる大切な人たちとのふれあいに、感謝し、新しい出会いの準備をしましょう。どうやら、それが人生のようですから。


【悲しくてつらい…】カテゴリー記事一覧
「悲しくてつらい…」カテゴリーの記事一覧です。

【7つの名言】別れの悲しみで辛いときに読む名言・言葉 おさらい
  1. 気持ちが先に行かないのなら、それがアナタの気持ちなのよ。思う存分クヨクヨしましょ。(精神科医Tomy
  2. 別れの辛さに馴れることは決してありません。幾度繰り返しても、別れは辛く苦しいものです。それでも、私たちは死ぬまで人を愛さずにはいられません。それが人間なのです。(瀬戸内寂聴
  3. 五十、七十、百まで生きても。アッという間の一生涯だよ。何が何やらわからぬまんまに。会うて別れて生まれて死に行く。(夢野久作)
  4. 人生とは出会いと縁と別れです。出会ってから別れるまでの間に嬉しいことや悲しいことがあって、それを無事に越えていくことが生きるということ。(瀬戸内寂聴)
  5. 別れを意識するからこそ、時を大切に刻めるのです。(江原啓之)
  6. 大地は私の姉。その日々の恵みを、静かなる勇気を、私に注いでくれる愛を私は愛す。ともにあれほど多くを失い、苦しみ、知った今、私たちはどれほど互いの強さを崇めることか。この美しさを前に、姉と私は言葉を失う。そして私は忘れない。私が姉にとってなんたるかを、姉が私にとってなんたるかを。(スーザン・グリフィン)
  7. 出会いがあれば、別れもある!寂しいけど、毎日の素敵な出会い達に感謝です。(伊藤守)

コメント

タイトルとURLをコピーしました