【7つの名言】悲しみでどうしていいかわからないときに読む名言・言葉

つらい苦しい…
この記事は約4分で読めます。

悲しい出来事に心が翻弄され、どうしていいか、分からなくなることがあります。

そんなときに、あなたをなぐさめてくれる名言や言葉を、ご用意しました。

スポンサーリンク

【7つの名言】悲しみでどうしていいかわからないときに読む名言・言葉

言葉には、大きな力があります。あなたに届く名言が、みつかりますように。


悲しみが溢れ出し、夜の濃霧のように地表のすべてを覆い、月も星も、ただそれを見守ることしかできない…。でも、他の人達には、その濃霧の本当の深さに、気が付かない…。

まるで、今のあなたの悲しみのようです…。


今は、悲しみをしっかり感じましょう。十分に、今の悲しみに向き合いましょう。

その悲しみのちからは、あらがえないほど、強く感じるかもしれません。いつまでも、去らないように感じるかもしれません。でも、かならず、和らぎます。そして、受け入れられるようになります

そうなったとき、あなたの優しさに、深みがでます。そして、その深みは、瞳に宿ります。その、あなたの深い瞳は、やがて、誰かの心を慰めはじめるでしょう。


今は、悲しみの流れに身をまかせましょう。泣きたいだけ泣きましょう。

そうして、心が静かになったとき、自分の心の声に耳を澄ませてみましょう。

その声が、悲しみの先にある、自分のすべきことを教えてくれます。「この悲しみの経験が、人生に必要なのだ」ということを、教えてくれます。


悲しみがつらすぎて、はやく立ち直りたい…。

たしかに、深い悲しみは、とても苦しいです。そう思います。でも、無理やり、悲しみから立ち直ることはできません

今のその、つらい悲しみは、あなたの人生に、大きな意味を持ちます。その悲しみをしっかり味わい、その経験から学び、成長するのです。そして、ときが熟し、立ち直っていきます。


悲しみが強すぎるときは、ひとりでは、どうしようもできないことがあります。そのときは、ぜひ、助けを求めてください

「乗り越えたい、でも、苦しくてむずかしい…。だから、手を貸して…」
そう言って、助けを求めるのです。

人は、助け合いながら生きています。だから、あなたも立ち直ったときは、誰かの手を握ってあげてほしいのです。

もし、寄り添ってくれる人がいなければ、以下の記事に乗せている相談窓口が幅広く利用できます。苦しい胸のうちを相談できますよ。


できれば、つらい悲しみは避けたい…。でも、どうしても、そうはいかないようです。

私たちは、深い悲しみを経験しながら、悲しみの意味を知り、成長していきます

悲しみに慣れることは、むずかしい。ですが、経験を重ね、成長することで、自分なりに向き合えるようになっていくのです。


どうしようもできないほどの悲しみは、時として、人生の「最大の試練」にさえなりえます。だから、乗り越えられたら、大きな経験ですし、成長になるでしょう。

でも、やはり、簡単ではありません。私たちが、そんなに強いとも思えません。

…でも、時間がたてば、多少向き合えるかもしれません。その悲しみが、私たちに「成長」を感じさせてくれたなら、なおさら、向き合っていけそうです。

いつか、かならずそうなります。それを信じて

【7つの名言】悲しみでどうしていいかわからないときに読む名言・言葉【まとめ】

私たちは、人生で何度、悲しみを味わうのでしょう。

それはそれは、たくさんありそうです。さらに、それを人の数でかけ算すると、信じられないほどの数になります。だから、世界は悲しみで溢れているのですね。常に世界は、悲しみの雨が、やむことなく、降り続いているのです。

でも、悲しみは、生きる喜びを知るために、とても重要です。悲しみがあるからこそ、喜びの価値を知るのです。

とはいえ、悲しみは、やはりつらい…。だから、人はよりそいながら、助け合いながら生きていくのかもしれません。

【7つの名言】悲しみでどうしていいかわからないときに読む名言・言葉 おさらい
  1. 彼の心が裂けるならば、悲しみがあふれだし、地表を覆い尽くすだろう。しかしその奔流は、おそらく誰にも見えない。(アントン・チェーホフ
  2. いのちの根
    なみだをこらえて
    かなしみにたえるとき
    ぐちをいわずに
    くるしみにたえるとき
    いいわけをしないで
    だまって批判にたえるとき
    いかりをおさえて
    じっと屈辱にたえるとき
    あなたの眼のいろが
    ふかくなり
    いのちの根が
    ふかくなる(相田みつを
  3. あらがうのをやめて心静かに耳を澄ませば、きっと悲しみがすべきことをひとつひとつ教えてくれる。(マーサ・ヒックマン)
  4. 気力だけでは立ち直れない。あまたの小さな死とあまたの節目を経験し、揺るぎないアイデンティティーを確立し、自然に「私」の話ができるようになってはじめて、回復のプロセスは終わる。(メアリー・ジェーン・モファット)
  5. 友達にはこうお願いしよう。悲しみの家から私が出られないときは、どうか窓辺に手を置いて。必死でその手をつかむから。(マーサ・ヒックマン)
  6. 私たちの多くは、遅かれ早かれ悲しみの世界に呼ばれます。(マーサ・ヒックマン)
  7. 真実に背を向けても得るものはない。人生が苛酷な状況にあるのなら、苛酷さと向き合ってその教えを請い、歩きつづけよう。(マーサ・ヒックマン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました