【7つの名言】仕事でNOといえる勇気がほしいときの名言

ココロの名言
この記事は約6分で読めます。

仕事上で断れない人は、「昇進」や「ビジネスの失敗」を気にしている、と思われてるようですが、そうでもありません。もともと断れない性格の人が多いのです。人を傷つけたり、自分が嫌われることが恐い、そんな優しくて繊細な人です。

とはいえ、特に仕事上において、断れるかどうかは大切な問題。仕事の効率が一気に変わるためです。心や身体の負担も考えると、さらに断るメリットは大きい。

なので、あえて「職場こそ断る訓練の場所」と考えて、挑戦してみてはいかがでしょう。

断ることが苦手なあなたの背中を押す、7つの名言をご用意しました。

スポンサーリンク

名言から学ぼう:仕事でNOといえる勇気がほしいときの名言

言葉には大きな力があります。あなたに届く名言が見つかりますように。

まず私たちは、仕事としてあたえられている役割をこなす必要があります。次に、自己実現のための自身の目標があります。

そのどちらも、時間を効率よく使う必要があり、心身の健康を管理する必要があります。そして、どちらにも重要なことが、「NO」と言えることです。

余計な仕事を断り、重要なことに集中しましょう。

(とはいえ、あくまでも断るのは余計な仕事であって、何でも断ればいいというものではないですよー)

仕事上、目標達成のためにすべきことは、思ってるより少ないのです。だから、その少ないことに集中する。どれだけ余計なことを見極め、排除できるか、それが成功の大きさに関わります。

断れない性格の人にとって、職場こそ断る練習をする場です。そうとらえて、頑張ってみましょう。

上手にできるようになると、気持ちがかなり楽になります。

断ること以外にも、私たちは、さまざまなことで、他人の目を気にしてしまいます。

他人の目も大切なことがありますが、自分の心の方がもっと大切です。

断りたいのに断れない、ということは、自分の心を軽視している、ということ。それをこのまま続けていれば、病気になってしまいます。

私たちは、幸せになるために生きています。少なくとも、生きるということは、幸せになろうと努力していることです。

そのためには、自分の心を最も大切にしなくてはなりません。

自分の心が喜ぶなら、相手の願いを引き受けるべきだし、自分の心が苦しいのなら、引き受けてはいけません。断るべきときに引き受けては、心身ともに病気に繋がります。

自分を守るためにも、断るスキルを身につけましょう。

あなたの人生は、あなたに責任があります。あなたの仕事も、あなたに責任があります。あなたの責任を全うするためには、自分の健康を管理し、自分の時間を有効に使わなくてはいけません。

余計なことを引受け、本来必要な時間をそれに使っていては、余計な頼まれ事はどんどん増え続けます。結局、自分の責任を果たせないままになりかねません。

断り方を身に着けましょう。

断る重要性を、頭で理解したからといって、すぐに断われるわけではありません。練習が必要です。

まずは、あまり背負わずに、以下の感じで伝えましょう。ただし、誠意はしっかり込めてください。

「ごめんなさい。○○が忙しくて、できそうもないです。本当にごめんなさい」

※相手によっては、もっと丁寧な言葉使いを。相手が取引先やお客様の場合は、『謝意(もしくはお礼)→理由→代替案

最初はこれを型として、上手に言えるようにする。

すぐに言葉が出てこないときは、「ちょっと待ってくださいね」とスケジュールを調べるフリや、時計を見るふりをして時間を稼ぐ。

断る理由としては「予定があって早く帰らなくてはいけない」「体調が悪くて」などで、たいてい問題はありませんが、突っ込まれたときのために、普段から具体的な言い訳案を、いくつか用意しておくといいですね。

自分のやりやすいパターンを探しましょう。

断るといっても、無下に断らなくてもいいんです。そんなことは強要されても、なかなかできません。だから、気持ちをこめて上手に断る。そのためには「言い方」を工夫しましょう。

あとは、普段から、自分の負担にならない程度に協力してあげましょう。全体的な進行上、手伝うことが必要なら、多少負担になっても、手伝ってあげればいいのです。全て断る必要はありません。

あまりに断ることがストレスなら、負担にならない引き受け方も模索してみては(少しだけ引き受ける、超効率化で仕事を早く終わらせる、など)。

【7つの名言】仕事でNOといえる勇気がほしいときの名言【まとめ】

最後の名言でも触れましたが、断る以前から、「この人になら、断られてもしかたがない」と思われるように、行動しておくことも大切です。

たとえば、普段から協力的で、人の気持ちを汲もうとしてくれる人がいたとします。この人に「ごめんなさい、今は忙しくて手伝えないんです」と誠意をもって言われたら、がっかりはしますが、嫌いにはなりませんよね。

自分の心が許す範囲で協力しあいながら、できないこと、どうしてもしたくないことは、上手に断る。

最初は、なかなか上手にできないかもしれませんが、意識して練習していけば、いずれできるようになります。

【ココロの名言】心に染みる名言を厳選して集め、名言とともに心の問題の解決に取り組んでいます↓↓

ぜひこちら↓↓のカテゴリーから他の記事も読んでみてくださいね。

【7つの名言】仕事でNOといえる勇気がほしいときの名言 おさらい
  1. 私は自分がしてきたことと同じくらいしてこなかったことに誇りを持っている。イノベーションとは1000もの物事にノーと言うことなのだ。(スティーブ・ジョブス
  2. 成功した人と本当に成功した人の違いは、後者はほぼすべてのことにノーということだ。(ウォーレン・バフェット
  3. 決定を下すときに、「他の人はどう思うだろうか」ではなく「自分は自分自身をどう思うのか」と問うようにしましょう。(トーマス・S・モンソン)
  4. 我々は他者の期待を満たす為に生きているのではない。(アルフレッド・アドラー)
  5. あなた自身の時間は自ら管理しなければなりません。そしてノーと言えないないならそれは不可能です。人生の議題をほかの人に用意させていてはいけません。(ウォーレン・バフェット)
  6. 上手に断る。そのためには練習が必要。すぐにできれば苦労しないじゃん。(パステルつとむ)
  7. 人が意見に反対するときは、だいたいその伝え方が気に食わないときである。(フリードリヒ・ニーチェ)

ぜひこちら↓↓のカテゴリーから他の記事も読んでみてくださいね。

【ココロの名言】心に染みる名言を厳選して集め、名言とともに心の問題の解決に取り組んでいます↓↓

【ココロのノウハウ】様々な心の問題を解説し、対処方法をご紹介しています↓↓

【うつ病の世界】長い間自分が経験したうつ病の不思議な世界をじぶんの言葉でご紹介しています↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました