【今日の名言】「『分かってよ』と思い、『分かってくれぬ』とすねる。涙する。」若だんな(うそうそ/畠中恵)

ココロの名言
この記事は約5分で読めます。

今日の名言をお届けします。今回は小説「うそうそ」の主人公、若だんなの言葉です。

スポンサーリンク

今日の名言

小説「うそうそ」は、江戸の街を舞台に、病弱で優しい若だんなと、個性的な妖怪たちが織りなす、ほっこり時代ファンタジー小説。「しゃばけ」シリーズの5作目。

ボロボロさんざんな旅の途中に出会った、子どもの姫神(齢1000歳)お比女(ひめ)。今は恵まれた境遇にありながら、人間からひどい目にあった1000年前の悲しみが癒えず、成長できずにいる彼女。若だんなが彼女の深い悲しみと向き合ったときに気づいた、彼女の奥底の想い。それは、彼女と若だんなの共通する想いでした。それがこちら。

私自身の中にも、この想いがいっぱいです。それはそれは強くて大きい。胸焼けします。

どうも私は、想いが強すぎるようです。強い想いはやっかい。なぜなら、想いの量に対して感情が比例してしまうから。喜びも大きいが、悲しみ苦しみも大きい。それは、なかなかしんどいことで、自分がうつ病で苦しんだのも、そのせいだろうと思うのです。

想いの強さは治らなさそう。どうしよう…。と、意外と真剣に悩むのですが、どうしようもありません。なくそうとしてもなくならない。だから上手に付き合うしかないんだなーと思うのです。

この名言を読んだときは、涙するくらい気持ちがよく分かりました。分かってもらいたい、でも、分かってもらえない。私はおとなですから、そんな自分勝手な想いはダメだ、と自分をいましめます。いましめれば、余計に苦しい。ぐるぐるぐるぐる…。回り回って、結局、心が壊れてしまいました。現在は、今のカウンセラー師匠に話を聞いてもらいながら、その想いを少しずつ解放しています。

やはり、強い想いは、自分ひとりでは解決しにくいんですね。だから、気持ちを話せる、もしくは、共有できる人や、そんな場所が必要だと思うのです。実際に人に会わなくても、ネットでも気持ちを共有できます。それだけでも、とても解放されます。同じような人の言葉を、読んだり聞いたりするだけでも、気持ちが解放されます。

でも、最終的に自分の想いを分かってあげられるのは、自分自身なんですよね。それもとてもよく分かりました。

とはいえ、なかなか苦戦ばかり。苦戦ばかりですが「分かってもらいたい」の先には、「分かってあげたい」が待っています。いつかは、「分かってあげたい」気持ちに溢れたい。分かってもらいたいのは、みんな一緒だから。想いはそうやって循環するんだ、と思いながら、今も「分かってもらいたい」と向き合っています。

※【ココロの名言】心に染みる名言を厳選して集め、名言とともに心の問題の解決に取り組んでいます

【ココロのノウハウ】様々な心の問題を解説し、対処方法をご紹介しています↓↓

【うつ病の世界】長い間自分が経験したうつ病の不思議な世界をじぶんの言葉でご紹介しています↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました