【7つの名言】深い悲しみに打ちひしがれているときに読む名言・言葉

つらい苦しい…
この記事は約5分で読めます。
multiplex#1

深い悲しみに打ちひしがれているとき、私たちは、自分のちからを、最後の一滴まで抜きとられます。そして、無力感の中、ただ、苦しみもだえます。それは、とても厳しく、残酷な時期です。

しかし、この時期は「試練」の時期であり、人生において、非常に意味のある、重要な時期でもあります。

そんな、深い悲しみの試練を乗り越えるための名言を、ご用意しました。

スポンサーリンク

【7つの名言】深い悲しみに打ちひしがれているときに読む名言・言葉

言葉には、力があります。あなたの心に届く名言が、みつかりますように。


今は、ただ、今日を乗りこえることを考えましょう。あなたが、無事に、今日を乗りこえることだけ考えるのです。

何も食べられなくても、お風呂に入れなくても、話ができなくても、それでもいいのです。

まずは、今日を、そして、今を乗り越えましょう


深い悲しみは、私たちを暗黒の底へと落とし込みます。暗く、重い時間を、強要します。まるで、永遠に続くかのようです。

でも、かならず光が訪れます。始めは、とても小さく、薄く…。そして、徐々に力強くなり、大きくなります。その光が「新しい日々」です。悲しみを受け入れ、成長につなげることができる「明日」です

だから、今は耐えましょう。待ちましょう。


とても、つらく悲しいときは、まるで、それが「自分の罪のせい」のように感じます。たくさんの後悔が押しよせ、自責の海に放りだされます。

でも、どれだけ「自分の罪のせい」と感じようが、なるべくしてことは起こり、なるべく結果になっただけです。ただ、それだけなのです

ただし、後悔は「成長の実がなる木」でもあります。どうしても、後悔が起きるなら、思う存分に後悔しましょう。

そして、そこから学べることを学び、それを、誰かの役に立てましょう。私たちは、そうやって生きているのですから。


あなたの悲しみの深さは、あなたの思いの深さ、を表しています。それだけ、思いが深かったのです。

なので、その思いの深さの分、悲しむ必要があるのです。そうしないと、いつまでも、抜けきらない悲しみに、埋もれてしまいます

だから、とても大変なことですが、今はその悲しみを、しっかり味わいましょう。そして、時が来たら「この悲しみから得た学びを、活かす」ために、あなたの強い思いを、役立てましょう。


悲しいときは、一度、制御することなく、充分に嘆き、悲しみましょう。そして、充分に悲しんだら、

天気の良い日に外にでましょう。
休めるところに座り、身体のちからを抜きましょう。
足の先から、頭の先まで抜きます。
そして「考える」ちからも、「感情」のちからも抜きましょう。
そして、自分の心臓の鼓動に耳をかたむけます。
ゆっくり、落ちついてきたら、自分の心の声を聞いてみましょう。

語りかけてくれなければ、日をおいて、何度もおこなってみましょう。


深い悲しみは、まるで、その悲しみから離れることさえ、罪のように感じさせることがあります。「この悲しみを、味わっていなければいけない」と、思い込んでしまうのです。

もちろん、悲しみは、大切なものですが、縛られていてはいけません。そんなことは、誰も望んでいないのです。

悲しみのさなかに、ふと気持ちが「なごむ」瞬間が訪れます。その瞬間は「神さまからのプレゼント」です。だから、その瞬間が訪れたときは、悲しみから気持ちを切り離して、ゆっくりなごんでみてください。誰もあなたを責めません。大切な瞬間なのですから。


深い悲しみのさなかにいるときは、悲しみなんて、無くなってほしい、と思います。悲しみのない世界で生きたい、と思います。

でも、悲しみは無くなりません。どうしても、悲しみは訪れます。なぜならそれは、人生を幸せに過ごすために、必要だからです。

悲しみのおかげで、人生に「深み」と「優しさ」が生まれます。その「深み」と「優しさ」が、他の人を慰め、愛が深まるのです。

やがて、神さまにあたえられた人生が終わりを迎えるとき、自分自身が、他人の大きな悲しみとして旅立ちます。そして、愛の種になるのです。

そうやって、悲しみは、幸せや愛の種として、巡回するのです。

【7つの名言】深い悲しみに打ちひしがれているときに読む名言・言葉【まとめ】

深い悲しみは、何も考えられなくなるほどに、強いちからがあります。

生きているままで、人生は終わったように感じます。深い暗黒の世界に落ち、まさに「絶望」を身体全体で感じます。これから、どうやって生きていけるのか、まるで分かりません…。

でも、私たちには、それを乗り越えることができるのです。そのためには、今の悲しみを受けとめ、向き合うしかありません。

苦しいときは、人の手をかりて、泣きたいときは、たくさん泣いて、そして、「時」や「人」に癒やしてもらいながら、乗り越えましょう

乗り越えたあなたは、同じような人たちの、ちからになっていくのです。

※悲しみでどうしようもできないと感じるときは、以下記事ご紹介している専門機関で、話をきいてくれたり、相談に乗ってくれますよ。



【7つの名言】悲しみでどうしていいかわからないときに読む名言・言葉
悲しい出来事に心が翻弄され、どうしていいか、分からなくなるときがあります。そんな悲しさをなぐさめる、素晴らしい名言や言葉を、ご用意しました。
【悲しくてつらい…】カテゴリー記事一覧
「悲しくてつらい…」カテゴリーの記事一覧です。

【7つの名言】深い悲しみに打ちひしがれているときに読む名言・言葉 おさらい
  1. どんな手段を使ってもいい、君がこの夜を乗り切れるなら。(フランク・シナトラ
  2. 鉛の時間に飲み込まれそうな気がしたら、待てば新しい時間が、明日が来ることを思い出そう。(マーサ・ヒックマン
  3. アノバチ
    コノバチ
    思い当たる
    バチがいっぱい
    それでもまだ
    天がわたしを
    生かして
    くれる(相田みつを)
  4. 傷つくのは、あなたが深く豊かな人間だから。(マーサ・ヒックマン)
  5. 悲しみに沈む男「どうしたら心の平静を取り戻せるでしょう」「あなたは疲れているのです。太陽の光を浴びてデッキチェアに座り、肉体がなにを感じているのか探りなさい。息遣いに耳を傾けなさい。足の筋肉の動きを感じなさい。それから心を自由にさまよわせ、その言葉に耳を傾けなさい。最初に聞こえるのは、どんな言葉ですか?心はあなたになんと呼びかけていますか?」(魂の導き手)
  6. ときおりふと訪れるすてきなひとときを、そこだけ大きな時の流れから切り離して楽しむ。これは深い悲しみのなかで私たちにできる、もっとも効果的な癒しのひとつです。(マーサ・ヒックマン)
  7. 悲しみも、探検すべきひとつの世界。(シルヴィア・タウンゼンド・ウォーナー)

コメント

タイトルとURLをコピーしました