【Q&A】嫌われるのが怖くて、自分を演じてしまう…

ココロのノウハウ
この記事は約4分で読めます。

この記事では、質問にお答えする形で、嫌われる勇気についてお伝えいたします。※アドラー心理学の書籍「嫌われる勇気」を解説したものではありません

スポンサーリンク

Q&A 嫌われるのが怖くて、自分を演じてしまう…

嫌われるのが怖いです。嫌われないようキャラを作って明るく振る舞って自分を演じていますが、もう疲れました。誰にも嫌われたくないです。こんな自分が本当に嫌です。変わりたいです。嫌われる勇気ってどうやったら出るんですか?

とても傷つきやすい繊細な人なのですね。人の顔色が変わるのがとても怖い。怖いから、人を怒らせたくないし嫌われたくない。

だとしたら、無理に嫌われることに注目しなくてもいいと思います。

視点を替え、なりたい自分に少しずつ変えていきましょう

・「嫌われること」に注目しすぎない

まずは、自分の、嫌われるのが怖い、という気持ちを受け入れてあげましょう。それはそれでいいのです。嫌われたくないのはあたりまえです。

次に、誰にでも明るく接することができる自分を、すごいと認めてあげてください。本人的には嫌な自分の一面かもしれませんが、それは素晴らしいことでもあるのです。

そのうえで、本当の自分に目を向けていきましょう。あなたが注目すべきなのは自分です。自分の心であって、「嫌われること」ではないのです(「嫌われること」に注目すると、必要以上に、恐怖心に襲われます)。

・ほんの少しだけ自分の意思を出す

まずは、相手が変に思わない程度に、自分の意思を出してみましょう

簡単なことから始めます。笑顔を作りたくないときは、少しだけ笑顔を崩してみる。側にいたくない人の側から少し離れる。離れている時間をちょっと増やす。断っても問題なさそうなことは、断ってみる。

何かを断るにしても、あえて嫌われる言い方をする必要はありません。上手に断わればいいのです。

そうやって、嫌だなと思える自分を、意識的に少しずつ減らして、意思表示することに慣れていきましょう

・心の通い合う仲間をつくる

次に、側にいたい、一緒に話したいと思える人を見つける。その人の側に少し近づく。笑顔でいたいときは、いつもより笑顔になる。そうやって、大切にしたいことを、少しだけ大切にしてみましょう少しずつ慣らしていくのです。

側にいたいと思える人は何人いてもかまいません。一人じゃなくていいです。本当に心を通わせられる仲間が数人できると、気持ちが変わってきます

・好きなもの、夢中になるもの、得意なものをつくる。

次に、好きなことに夢中になる時間を増やしましょう。これはとても大切です。

自分の好きなことはありますか? 得意なことはありますか?

日常の中で、自分は何が好きで、何が得意で、何を大切にして、何が苦手なのかを観察してください。自分のことをたくさん知ってほしいのです。

このとき大切なことは、自分を裁かないこと! 自分のひとつひとつを「良い悪い」などと判断しないこと。むずかしいんですが、ただ、こうなんだ、と思うようにしてください。ただ、好きなんだ、苦手なんだ…。

そうしながら、自分の心を喜ばせることを見つけて、それを行い、楽しみましょう。とても大切なことなのです。

・全員に好かれようとするのは、みんなに嫌われる可能性が高い

よく言われることですが、みんなに好かれようとすることは、たくさんの人に嫌われる可能性が高いです。

嫌われたくない人は、人の言うことを聞いてしまいます。すると、それを利用しようとする人が寄ってきます。利用しようと寄ってくる人は、みんなに嫌われていることが多いので、そんな人の側にいるあなたも、嫌われ始めるのです。

みんな、嫌っていることを、あまり表面には出しません。気づきにくいことも特徴です。

【Q&A】嫌われる勇気:嫌われるのが怖くて…【まとめ】

自分の意思を出すことに、少しずつ慣れていくこと、心の通う仲間をつくること、自分の得意なものを見つけること、そうしながら、生活を楽しむことが大切です。

嫌われることに注目せずに、楽しむことに注目してください。そうやって毎日を楽しめるようになったとき、以前より、勇気が出せるようになっています。

ぜひこちら↓↓のカテゴリーから他の記事も読んでみてくださいね。

【ココロの名言】心に染みる名言を厳選して集め、名言とともに心の問題の解決に取り組んでいます↓↓

【ココロのノウハウ】様々な心の問題を解説し、対処方法をご紹介しています↓↓

【うつ病の世界】長い間自分が経験したうつ病の不思議な世界をじぶんの言葉でご紹介しています↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました