【今日の名言】『十六歳で美しいのは自慢にはならない。でも六十歳で美しければ、それは魂の美しさだ』マリー・ストーブス

ココロの名言
この記事は約2分で読めます。

本日の名言をお届けします。今回はマリー・ストーブの名言です。

スポンサーリンク

『十六歳で美しいのは自慢にはならない。でも六十歳で美しければ、それは魂の美しさだ』マリー・ストーブス

以前、ダウンタウンの松本人志さんの「年を取ることは罪ですか?」というツイートが話題になりました。前回の名言の主、ゴルダ・メイアさんも「70歳であることは罪ではない」という言葉を残しています。

日本では、年齢を重ねることや老化に対し、「劣化」と発言する人たちが増えました。たしかに年齢を重ねれば、肉体は劣化します。でも、年齢を重ねたからこその輝きもあります。

ということで、今回の名言はこちら。

名言の主、マリー・ストーブスさんは1880年生まれ、イギリスの植物学者ですが、女性としては当時珍しい性問題の研究家としても知られ、著書「結婚で結ばれた愛』『賢明な親』などがベストセラーになっています。

性問題の研究をするきっかけは、若い頃にミュンヘンで知り合った同じ植物学者の藤井健次郎氏。婚約した彼を追って来日しますが、藤井氏に冷遇され帰国。後にカナダ人の植物学者と結婚し、3年で離婚。その後、出版を手助けしてくれた実業家と結婚します。性問題を扱った著書がベストセラーになり、結婚や性生活、避妊の専門家として世界的に活躍しました。

彼女は、特に藤井氏との破局に大きな衝撃を受け、苦しみの多い半生を送りますが、もともと行動派な彼女は、その経験を基にして、世界中を飛び回るほどの成功を収めるのです。彼女のこの名言は、女性として自分自身に忠実に生きてきたからこそ、残せたものなのかもしれません。

年齢を受け入れ、老いを受け入れ、変化を受け入れる。それを愛することで、他人を受け入れ、価値観の違いを受け入れられる。そうすると、魂が輝きます。歳を重ね、美しく見える人は、その輝きを発しているのかもしれません。

日本には敬老の日があります。その言葉に見合うよう歳を重ねたいと感じます。

※【ココロの名言】心に染みる名言を厳選して集め、名言とともに心の問題の解決に取り組んでいます↓↓

【ココロのノウハウ】様々な心の問題を解説し、対処方法をご紹介しています↓↓

【うつ病の世界】長い間自分が経験したうつ病の不思議な世界をじぶんの言葉でご紹介しています↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました