【今日の名言】『きっとこのヒトは、いつもこんなふうだったんだ。胸にあるのは自分の言い分だけ。見るものも、自分の見たいものだけ。求めるものも、自分のほしいものだけ。傷つくのも、いつも自分だけ』ワタル(ブレイブ・ストーリー/宮部みゆき)

ココロの名言
この記事は約5分で読めます。

今日の名言をお届けします。今回は小説「ブレイブ・ストーリー」の主人公、ワタルの言葉です。

スポンサーリンク

今日の名言

小説ブレイブ・ストーリーの主人公、ワタルのこの言葉を初めて読んだとき、思わず心で「すいません!」と謝ってしまいました。私もこの通りです。まったくこんな感じです…。

そんな自己中心的な私が神様の怒りに触れたのか、したくもない経験をいろいろワサワサさせられました…。

それでも、相変わらずな私ですが、「自分ってこの言葉の通りだなぁ」と自覚できるようになっただけでも良しとしよう!と妥協しながら、生きています。

この小説ブレイブ・ストーリーは、さまざまな受賞歴を誇る作家、宮部みゆき氏によるファンタジー小説。少年ワタルが、勇気を得て成長していく様子が、現世界とファンタジーの世界にまたがって展開されます。

今回の名言は、そのワタルが、ファンタジーの世界で、自分の父親に似た人に出会ったときに感じたもの。

私たちは、この言葉のように、周りへの思いやりに欠け、自分のことばかり考えやすくなります。それを「わがまま」といい、結局、心は満たされません。

とはいえ、心にとっては、自分を大切にすることはとても大切なこと。自分を大切にすると心が満たされ、大切にしないと病気になってしまいます。

「わがまま」と「自分を大切にする」

これらは、自分にとって違う結果をもたらしますが、どちらも自分を尊重するという意味では同じ。では、何が違うのでしょうか。

違いは大きいんですが、とても曖昧です。曖昧だから、分からなくなり、苦しむんですよね。あえて言えば、欲望を満たすのが「わがまま」、心を満たすのが「自分を大切にする」

…漠然としすぎていますね。ただ、これらは、複雑に絡み合い、影響しあっています。そういう意味では、「善」と「悪」も一緒。

私たちは、そういう、微妙だったり曖昧だったりするなかで、模索しながら、一生懸命に生きるしかないのかもしれません。

とりあえず、私はイラッとしたときにこの名言を思い出すと、スゥーッと我に帰ります。自分を客観視させられるんですねー。直球すぎて恐い…。

※【ココロの名言】心に染みる名言を厳選して集め、名言とともに心の問題の解決に取り組んでいます

【ココロのノウハウ】様々な心の問題を解説し、対処方法をご紹介しています↓↓

【うつ病の世界】長い間自分が経験したうつ病の不思議な世界をじぶんの言葉でご紹介しています↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました