【名言10選】モチベーションを上げたい!心が奮い立つ珠玉の言葉

ココロの名言
この記事は約7分で読めます。

自分がやってることがムダに思える、ダメ出しをされた、何をやっても上手くいかない…、以前はあった情熱も、ここにきて、信じられないくらい下火に…。

こんなとき、自分が情けなくなります。

だからこそ、意地でもモチベーションを上げてやりたい! 自分に負けたくない!

偉大なことを成し遂げた人たちは、モチベーションが下がっているときこそ、自分に負けず、がんばり抜いた人たちだとも言えます。そんな彼らの言葉には、そのノウハウが含蓄されています。

※もし、やる気が出ず、心が疲れているように感じてる方は、こちらの名言を

スポンサーリンク

【名言10選】モチベーションを上げたい!心が奮い立つ珠玉の言葉

では、モチベーションを上げたいときの名言10選をご紹介します。

あなたに届く名言が見つかりますように。

今は疲れていて、見失っているかもしれませんが、あなたが目標に向かって進み始めたときは、希望があったはずです。

あなたのモチベーションは、その希望にかかっています。是非もう一度、その希望を思い出してください。

それでも、大きな一歩が踏めなければ、小さな一歩でもかまいません。大変とは思いますが、小さくとも前に踏み出してみましょう。

結局、意欲のある人が勝つんです!

能力があっても、意欲がなければ多くのことは成し遂げらないし、意欲があれば、能力はそこそこでも、成し遂げられることが多い。

上手くできるかどうか…とか、自分にはできないかも…とか、そんなのは必要なし。意欲をもって、やれることをやり続けてみる。

順調に進もうが、停滞しようが、進み続けているかぎり前進するのです。

モチベーションを維持するのは、努力やテクニックだったりします。ただし、維持することの重要さに気づくことや、実際に維持することは、ある種、才能と言えます。

環境の変化や体調、他人からの評価などによって、モチベーションは誰でも大きく変わります。

その中で、何かを成し遂げた人たちに共通しているのは、続けることの大切さを誰よりも分かっていること。そして、そのことで得る「成長」を大切にしていること。そして、実際に最後までやり遂げられることです。

田臥勇太さんは、プロバスケット選手。日本人で身長173cmという不利な条件なのに、世界トップクラスのアメリカのプロリーグで活躍した人です。

外的に不利な条件はしかたがない。でも、気持ちでは負けないし、負けたくない。そんな気概を持ち続けたことで、田臥勇太さんは、世界トップクラスのフィールドで活躍できたのです。

内面の世界は自分のもの。自分しだいでなんとかなるもの。「気持ちだけは!」という思いを忘れない。

モチベーションが下がったときこそ、この思いを胸に燃やしてください。

負ければ、勝つまで挑戦する。ダメなら成功するまで挑戦する。

名言でも有名な、アインシュタインや本田宗一郎さんも、諦めないことを言い続けました。

負けや失敗は、成功への過程のひとつ。でも、やめてしまったら、そこで終わりです。たとえ、歩みが遅くなろうが、多少止まろうが、やめなければ進めるのです。

だから、頑張って進んでみませんか?

今のあなたの停滞は、ただの「停滞」でしかありません。それをもし、自分の「限界」に感じているのなら、それはあなたの頭がそう捉えているだけです。

ただし、目標や挑戦にまったく魅力を感じず、たとえ達成しても、ホッと安堵するだけなら、その目標や挑戦はあなたに合っていません。やめるべきです。

でも、まだ魅力を感じ、やっぱり達成したいと思えるなら、あなたはまだまだ限界じゃありません。ただ疲れているだけです。だから一度、しっかり疲れを取りましょう。

そうすれば、また進み始めます。

たいてい、自分の敵は、他人や環境だと考えますが、そうではありません。

自分の邪魔しているのは、自分です。自分の感覚や認識、理屈、自分的常識…。それらにしがみついているのも自分。

それらは、子供時代の環境による影響かもしれません。でも、大人になれば、自分でそれらを変えることができると知ります(逆に自分じゃないと変えられません)。

あなたが、今モチベーションを上げられない理由はなんでしょうか。その理由がみつかれば、あとは自分しだいで、なんとでもなるのです。

努力というのは、積み重ねることで成果につながります。でも、その努力の積み重ねが難しいですね…。

このイチローさんの名言のポイントは、「小さい」というところ。大きな努力を積み重ねなさい、と言ってるわけではないのです。

モチベーションを上げたいときは、実際に行動してみることが一番ですが、それが難しいときに最も効果的なのが、一歩をめちゃくちゃ小さくすることです。

5分、10分だけそれに関わってみる。それでその日はOK。でも、その5分間で、やる気がムクムク出ることが、けっこうあるんですよ。

苦労しても、成果がでない。時には立ち止まる。でも、やっぱり、頑張って努力し続ける…。

そうやって、立ち止まりながらも、進み続ける。最後は成し遂げる。成長する。

振り返ると、その苦労が、人生における大切な宝ものになっています。

どんな失敗も、停滞も、進み続けていれば、かならず報われます。すべてに意味があるのです。

上記の言葉は、モチベーションを上げるための方法のひとつです。

やる気に火を付けるというより、モチベーションを保つためのもの。

毎日取り組むために、自分が心地よい環境を作る。ワクワクするような環境を作る。自分の好きなものを置く、好きな道具を使う、すきなコーヒーを飲む、好きな音楽を聴く、たくさん組み合わせて、大好きな環境にする。

モチベーションが下がってるのに、頑張れたときは、特別版のご褒美を用意してもいいですね!

モチベーションは、形からでもあるのです。

【名言10選】モチベーションを上げたい!心が奮い立つ珠玉の言葉【まとめ】

モチベーションを維持するというのは、ある種自分の心理を細かく追求することのように思います。

自分はなにが好きで、何が嫌いか。何が心地よく、なにが不快か。どんな習慣があって、どんな習慣がないのか。どこを見て、どこを見ていないのか。ちょっとしたクセなどもそうだし、時間の使い方なんかもそうです。

それらを観察して、とくに努力をしなくても、自然に続けられるよう習慣化していくことで、モチベーションの大きな浮き沈みを沈静化できます。

もし、ご紹介した名言などでモチベーションが上がったら、ぜひ、モチベーション維持の環境作りに取り組んでみてくださいね。

※こちら↓↓の記事もオススメです。

※【ココロの名言】心に染みる名言を厳選して集め、名言とともに心の問題の解決に取り組んでいます↓↓

【名言10選】モチベーションを上げたい!心が奮い立つ珠玉の言葉 おさらい
  1. モチベーションという概念は、希望につながっていなければならない。(村上龍)
  2. 気持ちで負けるなんて話にならない。(田臥勇太)
  3. 意欲のある者のほうが、能力のある者よりも多くの事をなす。(ガブリエル・ムーリエ)
  4. 何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている。(羽生善治)
  5. 負けても終わりではないが、やめてしまったら終わり。(ジグ・ジグラー)
  6. 勝手に限界を決めていたのは自分。(高木琢也)
  7. 俺の敵は だいたい俺です。(宇宙兄弟)
  8. 小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道。(イチロー)
  9. 流した汗は嘘をつかない。(千代の富士)
  10. (僕は人が一所懸命に作ったものが好きです。そうしたものに囲まれて暮らしていると良い作品をつくろうというモチベーションが生まれてきます。(小泉十三)

ぜひこちら↓↓のカテゴリーから他の記事も読んでみてくださいね。

【ココロの名言】心に染みる名言を厳選して集め、名言とともに心の問題の解決に取り組んでいます↓↓

【ココロのノウハウ】様々な心の問題を解説し、対処方法をご紹介しています↓↓

【うつ病の世界】長い間自分が経験したうつ病の不思議な世界を自分の言葉でご紹介しています↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました